焙煎への想い (ストレートで美味しいコーヒーが飲みたい。)

    
浅煎りのコーヒーでも深煎りのコーヒーでも何も入れずに後味が良いコーヒーを作りたい。
そんな思いで焙煎しています。

コーヒーの焙煎は煎る人の思いにより同じ焙煎機でもi煎り上がりの豆に違いが現れます。焙煎は、
豆の投入温度、火力、ダンパーの開閉、煎り止めが人それれぞれ違います。
軽い味が好きな人、こってりタイプが好きな人、その人の求める味があるから、焙煎する人の求め
る味に煎り上がります。

同じ豆でも焙煎店により味の違いが有ります。(店の個性が現れます。)
コーヒーの味は焙煎が100%です。
ほとんどの、自家焙煎店でスペシャリティーコーヒーなど極上の豆を使っています。
つまり、コーヒーの味は、その店の焙煎技術の良し悪しで決まります。


煎りの浅い豆でも酸味があり後に残る香りと甘味、酸っぱさを引きずらないキレのあるコーヒーが良
いコーヒーと言えませんか。

煎りの深い豆でも飲み終わった後に残るかすかな甘味、苦味を引きずらないコーヒーが良いコーヒー
といえませんか。