美味しく日本茶・紅茶をいただく為に
 美味しい日本茶の淹れ方  美味しいお茶にはテアニンがいっぱい!

 美味しい日本茶とは、香り良く、旨み(甘味をシッカイリ感じさせて
 くれる渋みとのバランス)そしてコクのある物が極上のお茶といえます。
   
 渋いお茶が好みの方も居られますが、渋みの強いお茶は、決して上級
 なお茶ではありません。
  
 生葉農家(茶畑を管理摘採し工場で荒茶まで仕上げる)が 丹精込めて
 渋みの少ない美味しいお茶を作り皆様に提供できるように頑張ってい
 ます。
    
 日本茶は、お湯の温度が重要です。お湯を冷ますのは、お茶の渋みを
 出さないためです。日本茶は、熱い温度で抽出すると茶葉の渋みが先
 に溶け出 してきます。
   
 玉露は50度前後、上級煎茶は70度、中級茶は80度と言われています。
   
 沸騰したお湯はどんぶりなどで冷ますと早く温度を下げることができ
 ます。
 そしてもう一度湯飲みに移してから急須に入れます。 必要な分量だけ
 湯飲みに入れれば二煎目も美味しく頂けます。
  
 急須に入れる前にお湯の温度を下げる。

  
 湯飲みに注いだ後、急須にお湯が残らないように。
   
 渋いお茶が好きな方は温度は低めで、お湯にひたす時間で調節します。
   
 ほうじ茶・玄米茶も理屈は同じです。熱湯で出した方が香りが良いと
 言われる方も居られますが、当然渋みが強くなり美味しく頂けません。
 
 玄米も古米・古々米(安い玄米=単価を下げます)などでは熱い温度で
 も香りが弱くなります。
  
 お湯は湯呑みに移し少し冷ましてから。 90度前後の温度がお 勧めです。
  
    
ポットの湯を人数分の湯飲みに入れます。
急須に人数分の茶葉を入れます。
湯飲みに移し温度の下がった湯を急須に入れます。ここで、60秒前後待ちます。
急須を軽く回してから交互に色が均一になるように注ぎ分けます。
 美味しい紅茶の淹れ方

   美味しい紅茶とは、香り良く、旨み(甘味をシッカイリ感じさせてくれ、渋みとのバランス)そしてコク
  のある物が極上のお茶といえます。
   
  紅茶に限らず日本茶・中国茶も同じです。
  
  色々なホームページで美味しい紅茶の淹れ方が載っておりますが、基本はイギリス式が中心に書
  かれています。
  
  一口に紅茶と言ってもミルクティー・レモンティー・ロシアンティー又、ストレートティー・アップルティー
  などのフレーバーティーがあります。
    
  イギリス式の紅茶の淹れ方とは、一般にミルクティーを前提にしています。紅茶の品質を調べる時
  ミルクを加えてカップテイスティングをおこないます。 何故ならミルクティーとして飲むのですから
  ミルクとの相性が良くなければ良い紅茶とはいえないからです。
   
  紅茶に限らずコーヒーも同じですが、ミルクの味が強いために紅茶は何も入れなければ渋みが強
  く飲めないくらいに抽出します。 カフェオレ・カフェラテも深煎りの苦い豆を使います。
   
  陶器や磁器は厚みが有り重く出来ていますから沸騰した湯をいれポットを温めます。ガラスのポット
  は薄く出来ている為、無理に暖める必要はないと思います。
  
  又、ジャンピングですがおそらくはガラス製のポットが出来てからだとお思います。陶器などのポット
  では上から覗いて見ても分かりません。
  
  ミルクティーの場合には、3〜4分浸し出来れば暖めたミルクを足していただければ美味しいミルク
  ティーを頂けます。
  
  ストレート・レモンティー・ロシアンティー・フレーバーティーを美味しく頂く為には抽出する時間がより
  重要になってきます。茶葉の形状にもよりますが、一度タイマーを使い20秒〜30秒ごとに味わって
  好みの味を見つけてください。

  ティーパックを利用される方は、色が薄いからとスプーンなどで押えたりしますと渋みが強くなります。
  一人分、ティーパックを2個使うと浸す時間が短くなり渋みがおさえられます。チョト、贅沢な気持ちに
  なりませんか。(ささやかではありますが・・・。)